初デートの自己紹介-ホリデイ

親しくなると話すことも少なくなる恋人たちもあろうかと思いますが、最初はある程度の量を話さないと理解しあえないこともあろうかと思います。 

 

このシーンはアマンダとグラハムが初めてのデートにふさわしくお互いの仕事や両親のことから話しはじめます。そこから、何年も泣けないアマンダの話しからおもしろい方向に展開していきます。 

 

-So, you are book editor. 「なるほど、あなたは本の編集者なのね。」

-Yes, I am. 「そうだよ。」

-What kind of an editor are you? 「どんな編集者なの。」

-A very mean one. 「とっても意地悪な編集者。」

-No, what I meant was, do you give massive notes, or... 「私が聞きたいのは、 たくさんメモをつけたりとかするの?」

-Well, the better the writer, the less notes I give. 「いいライターだったら、その分だけメモも少ないさ。」

 

 

-And what did you study in school? 「学校では何を勉強したの。」

-Literature. 「文学。」

-Did you always know this was what you wanted to do? 「この仕事が自分のやりたいことだってずっと思ってた?」

-Okay, my palms are starting to sweat.  I feel like I'm on a job interview.  Do you by any chance know how to be a date? 「ねぇねぇ、手のひらが汗ばんできたんだけど、仕事の面接してるみたいだよ。デートはどんなふうにするか知ってる?」

-Sorry, I know, I'm interrogating you. 「あら、ごめんなさい、そうね、私、あなたに尋問してるみたいね。」

-Yes. 「まったく。」

-I haven't been on a first date in a long time. 「初デートなんて長い間してないの…。」

 

 

-Well, since we've already had sex and slept together twice, maybe we can bend the first-date rules.  Why are you blushing? 「それじゃあ…。僕たちはもうセックスもしたし、二回いっしょに寝てるから、初デートのルールはちょっと曲げてもいいじゃないかな。なんで、赤くなってるの?」

-I didn't realize I was.  I think you make me nervous.  Okay, I'm gonna try to be myself.  Never easy.  But I'm gonna try.  What was the question? 「あら、気づいていなかったわ。緊張するワ。本来の私に戻るわね。そんなに簡単じゃないけど…。で、質問は何だっけ?」

-Oh, I know.  Did I always know that I wanted to be a bookeditor?  The answer is yes, I did.  My family's in publishing.  My dad's a writer of historical fiction.  My mom is, was, is, to this day, a very important editor at Random House.   Okay, I believe my time is up.  Your turn. 「あぁ、分かるよ。編集者になりたいとずっと思っていたかどうか、だよね?  答えはイエスだよ。ずっとなりたかったよ。僕の家族が出版業界にいるからね。父は歴史小説家だし、母は昔も今でもランダムハウスで重要な編集者だし。さぁ、僕の話しはもう終わったよ。次は君の番だよ。」

-Really? 「あら、そう?」

-Deep breath.  「深呼吸して。」

 

 

-Like I said the other night, I own a company that does movie advertising. 「この間の夜話したように、映画の広告をしている会社を経営しているの。」

-I didn't realize you owned the company. 「会社を経営しているとは思わなかった。」

-That's probably because I didn't mention it.  But now that I know that you were raised by such a strong working mom, I can say it.  And maybe you won't be intimidated by it. 「そうね、そうは言っていなかったかもね。だけど、あなたが働く強い母親に育てられたことを知ったからもうおびえさせることはないだろうと思うの。」

-No, no.  I'm still a little intimidated by it.  「いや、いや、まだ少しはおびえてるよ。」

-Well, "a little" is way ahead of the curve. 「まあ、『少し』だったらもうだいじょうぶよ。(直訳で、『少し』は、かなり先を進んでいる)」

 

 

-What about your family? 「君の家族は?」

-Okay, I'll say it fast.  My parents broke up when I was 15.  I'm an only child.  And I didn't see it coming.  We were really close. 「じゃあ、サッと話すわね。両親は私が15歳のときに分かれたの。私は一人っ子なの。こうなるなんて想像もしなかったわ、だって私たちはとても仲がよかったの。」 ...  I think I cried myself to sleep for, like, well, anyway, a long time.  I haven't cried since.  And that's my tragic little story.  Let's order. 「(そのとき)長い時間泣いて、泣きながら寝たワ。そのときから泣いてないの。これが私のちょっと悲しい物語よ。さあ、オーダーしましょう!」

 

 

 

-Wait.  You haven't cried since you were 15? 「ちょっと待って。15歳のときから泣いてないの?」

-I know it must mean something awful, I know.  But, you know, I try, but believe me.  Can we talk about you some more, please? 「ひどいことだと思うけど、努力はしているのよ。信じられないかもしれないけど。ねぇ、もっとあなたのこと話さない?」

-Okay, yes, absolutely.  Okay, well, I cry all the time. 「あぁ、いいよ、もちろんだよ。僕といったらいつも泣いているよ。」

-You do not. 「まさか」

-Yeah, I do.  More than any woman you've ever met. 「いや、本当だよ。今まで君があったことのあるどんな女性より泣くよ。」

-You don't have to be this nice. 「そんなにいい人ぶらなくていいのよ。」

-It happens to be the truth. 「実は本当のことなんだ。」

-Really? 「あら、まぁ。」

-A good book, great film, a birthday card.  I weep.  I'm a major weeper. 「いい本とか、いい映画とか、誕生日のカードとかで泣くんだ。僕はよく泣く人なんだよ。」

-No, you are not! 「まさか、そんなことないでしょ。」

 

 

 





 

■ドラマの中の英会話表現 

 食卓の会話

     > 近況を報告する-ギルモア・ガールズ

     > 場を盛り上げる-ギルモア・ガールズ

     > 食卓の小スピーチ-恋するベーカリー

               >大切な発表・お知らせ-アバウト・タイム

 友だちとの会話

     > 友だちのうわさ話-ギルモア・ガールズ

     > 恋愛のアドバイス-アリー・マイラブ

     > いじめに対抗する-ギルモア・ガールズ

     > 計画を話すとき-ホワイトカラー

       > 想像を話す-ギルモア・ガールズ

               > パーティーでの世間話

               > 男と女の意味深な言葉

               > 友だちに勇気を与える

 恋愛の会話

     > 初デートの自己紹介-ホリデイ

     > 三角関係の解決-魔法にかけられて

     > けんかをうる-アリー・マイラブ

       > 浮気を疑う-アリー・マイラブ

       > お互いを知るゲーム-ビフォア・サンライズ

               > プロポーズのセリフ

               > しばらく会えないとき-ベロニカ・マーズ

 集まりでのスピーチ

       > パーティーでの小スピーチ-ブリジット・ジョーンズの日記

       > 意見を言う-ギルモア・ガールズ

               > 面接でアピールする-ビバリーヒルズ青春白書

               > お悔やみの言葉

               > 結婚式のスピーチ

 仕事の中の会話

       > 算数、数字など

       > 相手をおどかす