パーティーでの世間話

他の国はどうか分りませんが、オーストラリア人は庭で友だちをよんでバーベキューパーティーをするのが大好きです。特に私のいたケアンズは、雨季の雨の降っていないときであればいつでも年間を通じてできる気候なので、「週末、バーベキューやるからおいでよ」とどこからか声がかかります。特に住み始めてすぐのころは、日本人がめずらしかったのか、ワケのわからない、友だちもいないだろうかわいそうな日本人と思われていたのか、よく誘ってくれました。

 

そんなとき困るのが、あたりさわりのない世間話です。日本語でも雑談が苦手なのに、英語でなんてできるわけがありません。そのときは聞き取りも話しも、とても苦労した覚えがあります。

 

世間話しなので、短い質問や答えのセンテンスをたくさん知っていれば、そこから、相手がいろいろ話してくれるでしょうから、ここでは、無難な話題とセリフを映画「家族の庭」からご紹介します。(※この映画は日本語字幕のみです。)

 

 

■知っている人への最初のあいさつ

「ハワユー」の後にできるだけ名前を思い出して、「ハワユー、○○!  」と名前つきであいさつしましょう。

-How are you, Jerry? 「お元気、ジェリー?」 How are you, Tom? 「お元気、トム?」 

-I'm all right. 「元気だよ。」  

 

-Oh, Joe! How lovely to see you! 「まあ、ジョー!  会えてとてもうれしいワ! 」 This is a surprise!   (来ているのを知らなくて)「びっくりしたワ。」 How are you?  「お元気?」 You look great! 「とても元気そうだワね。」

-So do you! 「あなたもですネ!」

-Thank you.  「ありがとう! 」

 

 

 

■初対面の人への最初のあいさつ

教科書英語だと、How do you do.「ハウドゥユドゥ」「はじめまして」ですが、あまり使わないので、ここは Nice to meet you.「ナイストゥミートユー」といいましょう。

-Katy, this is Merry.   Merry, this is Katy. 「ケイティ、こちらがメリーだよ。メリー、こちらはケイティだよ。」

-Hello, Merry!  Nice to meet you. 「こんにちは、メリー、お会いできてうれしいです。よろしく。」

-This is Joe's girlfriend. 「ケイティはジョーの彼女なのよ。」

 

 

 

■超無難な話題-ここまでの道のりを聞く

日本語ですと、「ここまでちゃんと来れた?」、とか、遠いところからの友だちですと「飛行機はだいじょうぶだった?」、「新幹線、ちゃんと乗れた?」とかを聞くことはパーティーのウォームアップの話題にぴったりです。もし、道々、いろんなことがあればそれだけで会話が弾みます!

-How's your journey?  「ハウズ、ユア、ジャーニー」「ちゃんとここまで来れた? 」

-It was all right. 「ええ、大丈夫だったワ。」

-Good!  「それはよかった! 」

これは、映画の中では、前に車で来たときに迷ったメリーへの質問なので「ジャーニー」「ここまでの旅はどうでした」ですが…、

 

 

これは、このように応用ができます。

How's your flight? 「空の旅はどうでしたか?」

How's your Shinkansen? 「新幹線はどうでしたか?」 

Can you find our house all right? 「ちゃんと家を見つけられましたか?」

You have nice trip to here? 「ここまで良い旅でしたか?」(遠いところから来た人に)

 

 

 

■少しは親しい友だちには身の回りのこととか、家族のことをたずねましょう

-How's your flat, Ken? 「フラット(住んでいる所)はどうなの、ケン?」

-Same old, same old... 「相変わらずだよ…。」

 

これは住まいのことを尋ねていますが、このように応用もできます。

How's your cat, Kitty? 「ネコのキティは元気?」

How's your dog, Choco?  「犬のチョコは元気?」

How's your new apartment? 「あなたの新しいアパートの住み心地はいかがですか。」 

How's your new house? 「あなたの新しい家はいかがですか。」

How's life?  「元気ですか。」「調子はどうですか。」

How's work? 「仕事はどうですか。」

How's your love life?  ちょっと親しい人に「恋愛の方はどうですか?」

 

 

-How's Joe? 「ジョーは元気?」

-He's fine. 「ええ。」

-He's well. 「元気だよ。」

-We'll see him on Sunday. 「日曜日に来るわよ。」

-Oh, great!  He's got a girlfriend? 「おぉ、それはいい。彼女はいるのか?」

-No, I don't think so. 「いないと思うわ。」

-Not that we know of. 「聞いてないね。」

これは息子のことを聞いていますが、

 

これもこのように応用できます。

How's your daughter? 「お嬢様は元気ですか。」

How's your mother doing? 「お母様はお元気でおすごしですか。」

How's your husband? 「ご主人はお元気ですか。」

How's your family? 「ご家族はお元気ですか。」

 

会話の引用はすべて「家族の庭」より。(※この映画は日本語字幕のみです。)

 

 

 

 

 

■もし気になる人を見つけたら積極的な世間話をしましょう

-Where do you live? 「どこに住んでるの?」

-Wandsworth.  The dodgy end. 「ワンズワースの怪しげなところのはずれです。」

-Ah!  My sister lives in Wandsworth. 「そうですか!  私の妹もワンズワースに住んでるよ。」

-Oh! 「あら、そうですか。」

-And.... You live with your husband? Boyfriend? 「そこにご主人とか、彼氏と住んでるの?」

-No.  I've jst split up with my boyfriend actually,  so I'm back with my mum and dad for a while. 「いいえ、ちょうど彼氏と別れたので、両親のところに帰ってきてしばらくいるつもりです。」

-Ah, sorry. 「そうですか、それは残念ですね。」

-No, it's fine. 「いいえ、とくに残念でもありません。」

 

映画「ラブアクチュアリー」よりイギリス首相が秘書のナタリーにいろいろ質問する場面。 

 

 

 

 

 

 

-Oh! You like shop for beautiful dresses!  キャリーの買い物袋を見て「きれいな洋服を買うのが好きなんですネ! 」

-Oh, God, yeah!  Too much! 「えぇ、そうなんです。買いすぎちゃうんですけど…。」

-Me, too! 「僕もです。」

-Oh, right... 「あら、そうですか…。」

-No, I mean I like to go shoping with my girlfriend.  「いや、彼女と買い物に行くのが好きだと言いたかったんです。」 No, I haven't got a girlfriend at the moment.  「今は彼女はいないんですけどね…。」 Of course I could have a girlfriend if I wanted to. 「もちろん、見つけようと思えば、いますけどね。」 I had lots of girlfriends in the past.  「過去にはたくさん彼女がいたんです。」 But, not many.  I don't want to think I'm some kind of slut.  I'm a loyal guy.  「そんなに多くはないですけどね。僕は、軽い男じゃないんです。むしろ、彼女には忠実な彼氏です。」 Actually, I think it's about time to settle down.  You know... nice big house with a right woman... lots of kids.... 「実をいうと、もうそろそろ落ち着いてもいいかなって思ってるんです。大きな家で、自分にぴったりの女性と、たくさん子どもがいて…。」

-This is my floor. 「私の階だわ。」

-Oh! Ok.... 「そうですか…。」

 

ホテルバビロン2-5話より。エレベーターでのジーノとキャリーの会話。チャーリーに共通の話題から話しかけるように助言をもらったジーノですが、最初は軽い共通の話題で、よかったのですが、だんだんエスカレートしてしまいました(汗)(--;)

 

 

 

 

 

■飲み物を注がれて「セイ、フェン」と言われて

Say when 「セイ、フェン」とか、Tell me when. 「テルミー、フェン」とか飲み物を注いでくれるときによく聞くことばです。では、まさにそこ! のときにどういえばいいのでしょう。私も当初は悩みました。直訳すると、「いつか言ってネ! 」と言うことなので、私があなたのグラスに注いであげるから、もういいときにおしえてね。」という意味なので、そのときに合図しましょう。

 

-And a great cup of coffee, but I like a little bit of milk in mine. 「それと…、おいしいコーヒーだね。だけど、僕のにはちょっとミルクがほしいなー。」

-Yes. ......  Tell me when. ..... 「わかったワ。」(冷蔵庫からミルクを取り出し、ニールのカップに注ぎながら)、「いいときに言ってね。」

-When! 「そこでいいです。」

 

ホワイトカラー3-1話より。訪ねてきたニールにエリザベスがコーヒーを出す場面。

 

ここではニールは When. 「フェン」といっておしえていますが、

That's it!  Thank you.  「ザッツイット、サンキュー」

That's it! There!  Thank you. 「ザッツイット、ゼア、サンキュー」

That's perfect. Thank you. 「ザッツ、パーフェクト、サンキュー」

OK! That's it!  Thank you.  「オーケー、ザッツイット、サンキュー」

That's enough.  Thank you.  「ザッツイナフ、サンキュー」

などの言い方もできます。

 

 

 

■「ふたりはどのように知り合ったの?」「ハウ、ディドゥユー、トゥ、ミート?」  

英語圏でのパーティーでは夫婦同伴、恋人同伴が日本より定着しています。カップルに、「どうやって知り合ったの?」という「なれそめ」は、みんな聞きたいことですし、秘密でない限り、聞かれれば、みんな話したいものです。しかも、会話も弾みます。

 

-She has been after me for a looong time!   「彼女はず~っと僕の後を追っていたんだ。」 We are boring.  「僕たちの話しはたいくつだよ。」 Anyway, how about you two?  「きみたちはどうなの?」 How did you two meet?  「ふたりはどうやって知り合ったの?」「ハウ、ディドゥユー、トゥ、ミート?」   .........  So, you and Diana.  Come on!  You were her doctor? 「それで、君とダイアナのことだけど…。話してよ。君は彼女の主治医だったとか?」

-I won't tell you. 「おしえないワ。」

-All right!  Fine. 「いいよ、わかったよ。」

-You told him, didn't you? 「彼に話したのネ!?」

-Told me what? 「僕に何を話したって?」

-Yeah, nice try, Caffrey.  How we met.  「キャフリー、うまいわね。どうやって私たちが知り合ったかヨ! 」

 

ニールがダイアナとクリスティーのなれそめを聞き出す場面。ダイアナはあまり言いたくないようですが、代弁すると、We met each other at pottery class. 「ウィーメット、イーチアザー、アット、ポタリークラス」「私たち、陶芸教室で会ったのよ。」です。ホワイトカラー3-3話より。

 

 

 

 

 

■ドラマの中の英会話表現 

 食卓の会話

     > 近況を報告する-ギルモア・ガールズ

     > 場を盛り上げる-ギルモア・ガールズ

     > 食卓の小スピーチ-恋するベーカリー

               >大切な発表・お知らせ-アバウト・タイム

 友だちとの会話

     > 友だちのうわさ話-ギルモア・ガールズ

     > 恋愛のアドバイス-アリー・マイラブ

     > いじめに対抗する-ギルモア・ガールズ

     > 計画を話すとき-ホワイトカラー

       > 想像を話す-ギルモア・ガールズ

               > パーティーでの世間話

               > 男と女の意味深な言葉

               > 友だちに勇気を与える

 恋愛の会話

     > 初デートの自己紹介-ホリデイ

     > 三角関係の解決-魔法にかけられて

     > けんかをうる-アリー・マイラブ

       > 浮気を疑う-アリー・マイラブ

       > お互いを知るゲーム-ビフォア・サンライズ

               > プロポーズのセリフ

               > しばらく会えないとき-ベロニカ・マーズ

 集まりでのスピーチ

       > パーティーでの小スピーチ-ブリジット・ジョーンズの日記

       > 意見を言う-ギルモア・ガールズ

               > 面接でアピールする-ビバリーヒルズ青春白書

               > お悔やみの言葉

               > 結婚式のスピーチ

 仕事の中の会話

       > 算数、数字など

       > 相手をおどかす