友だちのうわさ話-ギルモア・ガールズ

 

友だちとの会話は特にそんなに気を使う必要もないので、自由に話すことができるので楽しいですよね。でも、ローリーのように有名校に通うと同級生との会話もインテリっぽく、ときに言葉遊び風になります。

 

この会話は、はでな女の子が好きなトリスティンが超優等生だけど地味なパリスを廊下に呼び出しなにやら秘密の会話をしているので、同級生らが不審に思ってうわさしているシーンです。

 

-And, that is about what? pray tell.  「あれって何? どうか、おしえて。」

pray = please の古語的表現

 

-I don't know.  The project maybe? 「分かんない。課題のことかな。」

-They could have talked project here. 「課題のことだったらここで話せるよね。」

could have talked = 話せたけど、話さなかった

 

-It's something else, something private. 「何かほかのことよ。何か秘密のこと。」

-Scandal. 「スキャンダル。」

-Maybe.  Though it is Paris. 「かもね。だけどパリスだからね。」

-Scandal light. 「スキャンダル・ライトかしらね。」

-All the taste, but much fewer calories. 「味はあるけど、低カロリーね。」

-We could spy. 「スパイしちゃおうか。(直訳で、私たちはスパイできる)」

-Or wait for her to come back to see if she wants us to know. 「または、私たちにおしえたいかどうか戻ってくるのを待ったら。」

-Those who wait for information to find them spend a lot of time sitting by the phone.  Those who find it themselves have something to say when it rings. 『情報がもたらされるのを待つものは長い時間電話のそばにすわって待たなければならない。しかし、自分から探すものは電話が鳴ったとき何か言うものだ。」

-Nietzsche? 「ニーチェ?」

-Dawson. 「ドーソン。」

 

ギルモア・ガールズ 18話より 

 

 


 

■ドラマの中の英会話表現 

 食卓の会話

     > 近況を報告する-ギルモア・ガールズ

     > 場を盛り上げる-ギルモア・ガールズ

     > 食卓の小スピーチ-恋するベーカリー

               >大切な発表・お知らせ-アバウト・タイム

 友だちとの会話

     > 友だちのうわさ話-ギルモア・ガールズ

     > 恋愛のアドバイス-アリー・マイラブ

     > いじめに対抗する-ギルモア・ガールズ

     > 計画を話すとき-ホワイトカラー

       > 想像を話す-ギルモア・ガールズ

               > パーティーでの世間話

               > 男と女の意味深な言葉

               > 友だちに勇気を与える

 恋愛の会話

     > 初デートの自己紹介-ホリデイ

     > 三角関係の解決-魔法にかけられて

     > けんかをうる-アリー・マイラブ

       > 浮気を疑う-アリー・マイラブ

       > お互いを知るゲーム-ビフォア・サンライズ

               > プロポーズのセリフ

               > しばらく会えないとき-ベロニカ・マーズ

 集まりでのスピーチ

       > パーティーでの小スピーチ-ブリジット・ジョーンズの日記

       > 意見を言う-ギルモア・ガールズ

               > 面接でアピールする-ビバリーヒルズ青春白書

               > お悔やみの言葉

               > 結婚式のスピーチ

 仕事の中の会話

       > 算数、数字など

       > 相手をおどかす