感情表現のセリフ

私たち日本語を母国語とする人は小さいころから英語を使っていたネイティブの人たちと違って英語による感情表現は大人になってから、またはできたとしてもせいぜい中学生から教科書で勉強したのではないかと思います。

 

私自身もそうですが、英語で感情表現をすることは、日本語でもむずかしいのに、英語となると大変な技で何も話さないで成り行きにまかせるか、ごく簡単なもので代用して話し相手に伝わらず、もっと表現できたらよかったのにな~と思うことは初心者のころは非常にたくさんの場面でありました。 

 

私も教科書を超えた実践の英語は、仕事としての読み書きからスタートしているので感情表現の英会話は言葉の引き出しがなくとても苦手でした。

 

映画や海外ドラマにはこの手の表現が豊富にあります。会話の中での感情表現の中で、自分の気持ちをきちんと整理してある程度の量伝えなければならないちょっとシリアスな雰囲気のセリフを集めました。

 

どのセリフもむずかしい単語はほとんど使っていません。ということは、初級、中級者でも自分の感情を表現できる単語はすでにもっているはずです。感情表現は子どものころからしていることだと思えば納得できますよネ! ぜひ、場面とともに見てうまく気持ちが表現できるように勉強してください! 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ