そのものズバリを言わない

英会話初心者のころは、遠まわしにいう言いかたが分からなくて、よくぎょっとされることが多々あるかと思います。周りが初心者だと配慮してくれるうちは多少の間違いとかぎょっとされることとか、無遠慮にふるまっているように見える事とかは外国人だと思われて多めに見てもらえることもありますが、それも最初のうちだけで、ぎょっとされることは人をびっくりさせることですから、できれば、あまりに唐突な言いかたや、無礼な言いかたはなるべく避けて、丁寧で、遠まわしな言いかたを覚えましょう。 超初心者でしたら、言い方をやさしく、ゆっくりするだけでも効果的です。

 

be動詞 + supposed to はよく出てくる間接的な言い方で、「本来はそうすべきことじゃない(なかった)わよネ。」というようなニュアンスの言葉です。 We were supposed to be mourning.  「私たちは本来は嘆き悲しむべきところよ。」(嘆き悲しむべきところなのにしていなかった。)セックス・アンド・ザ・シティ6 18話より、レキシーの葬儀で騒いでいるキャシーとアンソニーにシャーロットがたしなめる場面。

 

I don't think と are(is) supposed to の組み合わせで、直訳で「~するものだとは私は思わない」というような意味になります。I don't think をつけないで、You are not supposed to ... 「ユーアーノット、サポーズドトウ~」というより遠まわしな印象になります。

 

I don't think you are supposed to say "maid" anymore. 「『メイド』という言葉なんてもう使わないと思うけど…。」

 

I don't think we are supposed to say "vibrator" over dinner. 「『バイブレーター』は食事の席でいう言葉じゃないと思うけど…。」

 

セツクス・アンド・ザ・シティ6 18話より、アレキサンダーがキャシーの友人を招いたパーティでのシャーロットとキャシーのセリフ。 

 

■そのものズバリを言えない

この引用は、「アイラブユー」と言いたいところだけれど、なかなか言えず、「アイライクユー」すら言うのに躊躇している場面のセリフです。

 

-I..... I don't say these things often.....or lightly in case might be misinterpreted.... or too much might be read in to them.... 「えぇと…、私はいつもはこんなことは言わないのよ、軽く言ってしまって誤解されることもあるでしょ…、それに深読みされることもあるでしょ…。」

-What? 「何のこと?」

-I do... 「私は…」

-Keep going. 「続けて。」

-Like you. 「あなたが好きよ。」

-Right!  「そうか! 」

-Right!  「そうよ! 」

-A lot!  「とってもネ! 」

 

ものごとをストレートに言わず、前置きの言葉をたくさんおくことで、衝撃をカバーすることができるセリフです。この場面とこの状況では、前置きが長くても「アイライクユー、アロット」をキャサリンが言ってくれたことにベンはとても満足しているようです。奥様は首相~ミセス・プリチャードの挑戦5話より ※このDVDには英語字幕がありません。

 

 

 

 

 

■簡単な単語で話そう

 あいづちのバラエティは英会話の入り口

 現在と過去と未来と

 その方向に向かっている「進行形」

 過去から現在に至る時間~完了形

 How are you? 「げんき~?」と聞かれて

   自己紹介

 断るとき

   誘うとき、誘われるとき

 or something 「~か何か」は忘れたときの救世主

 that...「ザット…」ばっかり!

 thing(s)「ほら、あれあれ!」

 love or like 「愛している」のか「好き」なのか

 wouldとか could とか should など

   should've 「シュドゥブ」

   might

 「怒る」upset か angry か

 「やさしい」sweet か kind か

 wonder をつかって頼みごと

   Do you find....? の勘違い

 embarrass 「エンバラス」「はずかしい」

   actually.. 「実は~」「現に~」

   ever と never

 そのものズバリを言わない

   weird ウィアード 「変だね」

 So do you. 「あなたもそうです」

 fool, stupid など

 お金の問題、貸す、借りるなど

 though ゾー

 yes と no -日本語との違い

   ユーモアのセンス-人を笑わせる

 あまり話したくないとき

 ほめる

   印象的な話し方

 カタコト英語

 天気の話し

   I don't know.

 kind of - あいまいに言う

 in ten minutes 10分後に 

 複数形の s

 生理現象

 自分から発するとっかかりの言葉

 .... or not 「オアノット」  

 敬語-丁寧に話す

   You don't mind....の答え

   ... for good? フォーグッド?

     let's, let, レッツ、レット

    a little アリトル「ちょっと」

   分かれるとき