印象的な話し方

印象的な話しは簡単な単語を使っていながら、感情に語りかけてくるようなものがほとんどです。たとえば、難しそうに聞こえるクラッシック音楽であっても、口ずさむことができるものは親しみやすく記憶に残ります。日本語の歌の「上を向いて歩こう」がビルボードで第一位だったのも言語を超えて親しみやすく覚えやすいメロディーだからではないでしょうか。

 

in the middle of nowhere 「インザミドルオブノーウェアー」「人里はなれたへんぴな場所」という意味ですが、言葉を分解すると、 nowhere 「どこだか分らないところ」の in the middle 「ド真ん中」となります。最初にこの言葉を聞いたときはおもしろくて印象的な表現だなぁと関心しました。

 

これを人々は、文字通りへんぴな場所でなくても、困った状況のとき一種ジョークのように大げさに話しをするとき、よく使っています。

 

I was left in the middle of nowhere.  パーティーなどで知り合いが誰もいなく連れがどこかへ行ってしまった時など、「私は見知らぬところにポツンとおいていかれた。」というような表現です。

 

事実のまんま、I was left by my boyfriend at the party.  「パーティーで彼氏においていかれた。」ですと哀れみを誘っているように聞こえますが、それより in the middle of nowhere 「インザミドルオブノーウェア」を使うと人々に笑いを提供する話しになりえますよネ!

 

My car broke down in the middle of nowhere. 車が見知らぬ場所でエンコしたときなど、「私の車が回りに何もない田舎のど真ん中で壊れた。」と大げさに言って話しを印象的にすることができます。

 

これは、機械的に、My car broke down on the way to downtown early this morning.  「今朝早く、車が市街に行く途中に壊れた。」というより話し相手の感情に響きます。 

■同じ単語を繰り返す

簡単で、日本語でもよく使われることですが、同じ単語を繰り返すことは意味を印象的にする簡単な方法です。

 

-During cold cold winter weather..... 「寒い寒い冬の間は…」

cold 一つより簡単に、とっても寒い印象になりますよネ!

 

-Quickly, quickly, quickly! 「早く大家に電話してちょうだい!」

プロベンザがいろいろ言い訳をしているところにブレンダがイライラして言うセリフです。ここで、quick 形容詞ではなく、quickly 副詞なのは、省略しない文章は Ring your landlord quickly.  というようになり動詞を修飾するので、 quickly 副詞になります。クローザー2-5話より

 

-You ruined our lives, Jen, with lies, after a lie, after a lie, after a lie.  Did you ever once put us ahead of getting high?  Ever?  「ジェン、君は私たち家族をめちゃめちゃにしたんだ。うそにうそを何度も何度も重ねて…。今まで、自分が薬でハイになることより家族を優先させたことがあるのか。今までそんなこと一度もないだろう? 」ここでは、 after a lie を三回繰り返しています。聞いていると after a lie が永遠に続いていきそうな、自分の妹ジェンに対する怒りが相当つまっているセリフです。クローザー2-10話より 

-I can't handle the entire day with him!  I can't, I can't, I can't! 「彼と一日中いっしょにいるなんて私には出来ないワ。無理、無理、無理!」

退職した父のリチャードと一日二人で過ごすはめになり、娘のローリーに助けを求める場面のローレライのセリフ。効果があるかないかは別として、娘にダダをこねて感情に訴えている感じです。ギルモア・ガールズ2-12話より

 

■ゆっくり、はっきり話す

日本の国際空港の英語のアナウンスはとってもゆっくりしていて、老若男女聞きもらすことがないように話されていますよネ。聞いていないときは別として、あれだけゆっくりしゃべったら集中して聞けば、聞こえない、分らないはずはないですヨネ。ゆっくり、はっきり、そして気合を入れて話すと強い印象として人々の記憶に残ります。

 

-You know who.  Where is she?  「誰を探してるか知ってるでしょ!  彼女はどこなの? 」 

 

.... I don't need to go into your office.  「あなたのオフィスに行く必要なんてないワ。」 I just came by to say that you think now my husband is free.  You gotta pick up your little affair with him where you left off and take over as mother of my children.  「ちょっと言いたいことがあって来たの。夫が自由の身になって、あなたは彼と事の続きをして、私の子どもたちの母親の役割を引き継ぐつもりかもしれないけど…。」 You'd better think again.  And don't you ever step into my house.  I'm warning you because if I find out sleeping with Will again I will reopen this custody issue. 「考え直したほうがいいわよ。それから、私の家には二度と足を踏み入れないでちょうだい!  もし、またウィルと寝ていることが分ったらこの親権問題を蒸し返すから覚悟しておいて!」  

 

And I'm not kidding! 「これは冗談じゃないからね!」  

 

leave off = 中止する、中断する

 

ポープの元妻エステルがブレンダにあること、ないこと激白するセリフですが、英会話初級者であっても、最初の、 You know who.  Where is she.  「ユノーフー」「ウェアイズシー」と最後の I'm not kidding.  「アイアムノットキディング」は聞き取りが完全にできたことと思います。そして、その中にはさまった文章もブレンダ以外の署のみんなに聞いてもらうことが目的ですので、エステルは誰にでもはっきりと理解できるように一語一語ゆっくりとハキハキ話しています。クローザー2-12話より 

 

■大げさな表現

大げさな表現は日本語でもよく人を笑わせるときや、強調したいとき、よく使いますヨネ。

 

He is a dinosaur. 「彼は時代遅れもいいとこだ!」「恐竜ぐらいの時代おくれだ。」

日本語でも「生きる化石」とか「おつぼね」とか言ったりしますよね。

 

I'm dead.   「もう、ダメ!」「もう死にそう。」「もう終わりだー!」

 

He is crazy!  「彼は頭がどうかしてる! 」

Are you crazy?  「いったいどうしちゃったんですか!?」「気でも狂ったんですか?!」

 

 

-What's taking so long?  What are you?  A woman?  Come down already! 

 「なんでそんなに遅いの。オンナじゃないんだから!  さっさと降りてきてよ!」

パーティーの用意が遅いディーンに下の階からどなるベラのセリフです。スーパーナチュラル3-6話より

 

come down already は命令形の come down 「降りて来い」に already 「すでに」がくっ付いて come down が強調された形になっています。短いセンテンスの組み合わせなのでイントネーションが違うと話しが通じないこともあり得ます。何度も繰り返し見て聞いて記憶しましょう。 

 

 

 

 

 

-I'm a miserable man. 「僕はかわいそうな男だよ。」

-What's up? 「どうしたの?」

-Remember that sweet, simple, affordable little wedding Sookie and I agreed on.... with minimal disagreement? 「ちょっとした意見の違いはあるけど、スーキーと僕が計画してたシンプルで、手ごろな予算でできるかわいいウェディングのこと覚えてるよね。」

-Yes. 「ええ、覚えてるワよ。」

-Gone!  Ancient history!  「もうないよ!  昔の話しだよ! 」

 

日本語でも「もう昔のことよ…」のように少し前の過去でも、「昔」というふうに大げさに表現することがありますよネ。この ancient history  「アンシェント、ヒストリー」「昔のこと」も似た状況で使っています。ギルモア・ガールズ2-17話より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■ネバーエバー

-Mr. Branchard, I hope I never ever need you again. 「ブランチャードさん、もう二度とあなたを必要になることがないことを祈るわ。」

-I hope you do. 「私は、また必要とされることを祈ります。」

never ever は絶対にないことを強調したいときによく使われます。過去では絶対になかったことはあり得ますが、未来では誰も未来に何が起こるか分からないわけですから「絶対」は厳密にはあり得ません。しかし、意志を表すときや、ちょっとハッタリ的に相手を威嚇するときに、ときには「絶対あり得ません!」と言いたいときもありますよネ。ブレンダのこのセリフでは、表向きには丁寧ですが、実際ブレンダが言いたかったことを率直に言い換えると、「あなたのこと、どうも好きになれないから、もう二度と会いたくないワ!」というニュアンスになります。クローザー2-10話より   

■ラニングアラウンド 

-And then you can keep your daughter running around kissing boys.  「そしたら、あなたの娘があちこち走り回って男の子にキスするのを防げるかもしれないわよ。」  Lane is a young impressionable girl.  She doesn't need to hear about your daughter "kissing". 「レーンは若くて感じやすい娘なの。レーンは、あなたの娘がキスした話しを聞く必要はないのよ。」  She came in here and told Lane she kissed a boy in the grocery store.  「ローリーがここに来てレーンにスーパーで男の子にキスしたことを話したのよ。」 Grocery store!  Where we buy a food. 「スーパーでよ!  スーパーは私たちが食べ物を買うところよ!」  The boy in the grocery store. Kiss! kiss! kiss! 「スーパーの男の子とよ!  キス!  キス! キス! 」

 

日本語で忙しくしているときやあわただしくしているときに「バタバタしてて…」という表現がありますが、running around 「ラニングアラウンド」はそれに似たような表現です。実際走り回っているわけではありませんが、こういうと日本語の「バタバタ」のように話しを印象的にする効果があります。そして人々は「バタバタ」と同じくらいこの「ラニングアラウンド」をよく使います。  ギルモア・ガールズ 7話より。

■数を多くする

日本語でも、「何度も言ったでしょ! 」「何百回も言ったじゃないか!」とか、言いますよね。そんなニュアンスの英語が、hundred 「ハンドレッド」「百」、thousand「サウザンド」「千」、million 「ミリオン」「百万」などを使った言い方です。

 

I told you a hundred times before! 「何度も言ったでしょ! 」

You told me that a thousand times!    「それ何度も聞いたよ!」

 

-There are a million things I would do differently if I could.   「もしできるなら、数え切れないほどのことをもっと違った方法でやりたいんだが…。」 And I can't help but think Chris went over there because of me. 「クリスがあっちに行ったのは自分のせいではないかと考えざるを得ないんです。」

-Or because he wants to be like you? 「または、彼はあなたのようになりたかったからではないですか?」

 

ホワイトカラー2-12話より。ミャンマーにとらわれたクリスの父ウィルソンとニールの会話。 

■ユニバース

-I asked him to have dinner sometime and he said yes.  But There's no difinite plan and it's just out there floating in universe!  「彼を食事に誘ったら、いいよって言ったのに、詳しい計画がないまま、デートの約束は宇宙のどこかで浮いたまんまになってるのよ!」

 

universe 「ユニバース」は宇宙、銀河、全世界というような壮大な言葉ですが、もの事を大きく解釈したり、大げさに言うときは便利な単語です。スーキーは恋の初期症状でパニック状態なのでこういった大げさで絶望的な表現になっています。ギルモアガールズ 12話より

 

Universe tells me what to do.  「宇宙がどうしたらいいかおしえてくれるワ。」I've just done what universe told me.  「宇宙が私に言ったことを私はしただけよ!」このように、「ユニバース」を行動の理由にしたりると聞いている人はそれ以上たちうちできなくなったりします。

 

■簡単な単語で話そう

 あいづちのバラエティは英会話の入り口

 現在と過去と未来と

 その方向に向かっている「進行形」

 過去から現在に至る時間~完了形

 How are you? 「げんき~?」と聞かれて

   自己紹介

 断るとき

   誘うとき、誘われるとき

 or something 「~か何か」は忘れたときの救世主

 that...「ザット…」ばっかり!

 thing(s)「ほら、あれあれ!」

 love or like 「愛している」のか「好き」なのか

 wouldとか could とか should など

   should've 「シュドゥブ」

   might

 「怒る」upset か angry か

 「やさしい」sweet か kind か

 wonder をつかって頼みごと

   Do you find....? の勘違い

 embarrass 「エンバラス」「はずかしい」

   actually.. 「実は~」「現に~」

   ever と never

 そのものズバリを言わない

   weird ウィアード 「変だね」

 So do you. 「あなたもそうです」

 fool, stupid など

 お金の問題、貸す、借りるなど

 though ゾー

 yes と no -日本語との違い

   ユーモアのセンス-人を笑わせる

 あまり話したくないとき

 ほめる

   印象的な話し方

 カタコト英語

 天気の話し

   I don't know.

 kind of - あいまいに言う

 in ten minutes 10分後に 

 複数形の s

 生理現象

 自分から発するとっかかりの言葉

 .... or not 「オアノット」  

 敬語-丁寧に話す

   You don't mind....の答え

   ... for good? フォーグッド?

     let's, let, レッツ、レット

    a little アリトル「ちょっと」

   分かれるとき