should've 「シュドゥブ」shouldn't have 「シュドゥント、ハブ」後悔のセリフ

should 「シュド」と have 「ハブ」の合体です。「シュド、ハブ」と言ったり、「シュドゥブ」と続けて言ったりします。否定の場合は、shouldn't have 「シュドゥント、ハブ」となります。

should 「すべき」、または shouldn't 「すべきではない」と have 「過去のこと」を組み合わせて、「すべきだったのに、しなかった」、または 「すべきではなかったのに、した」という意味になります。

 

過去の反省をする場面で使います。

 

 

should've 「シュドゥブ」「すべきだったが、しなかった」

should have  「シュドゥ、ハブ」「すべきだったが、しなかった」

shouldn't have 「シュドゥント、ハブ」「すべきではなかったが、してしまった」

 

 

これらの次に過去完了形の動詞が続きます。

なかなかスラスラ言えたり、応用して話せるまでは時間がかかるかもしれませんが、よく聞こえてくる短いセンテンスから覚えていきましょう!

 

I should have known better.  「アイ、シュドハブ、ノーン、ベター」「もっと知っておくべきだった。」転じて「私はバカだった。」のような表現。

 

I should have told you.  「アイ、シュドハブ、トールジュー」「あなたに言えばよかった(のに言ってなかった)」、転じて「だからこんなことになってしまったの、、、、私のせいよ、ごめんなさい、、、のようなメロドラマが始まりそうなセリフです。

 

You should have told me before. 「ユー、シュドハブ、トールドミー、ビフォー」「私に前もって言ってくれればよかったのに…。」というように、相手を責めるようなニュアンスになります。言い方をやさしくすると、「あなたを心配しているから言っているのよ。」みたいな表現にもなりえます。

 

 

 

 

 

-I'm the one who should apologize. 「あやまらなくちゃならないのは私よ。」

-No, really.  I am.   I should've told you about Serena. 「いや、違うよ。僕だよ。セリーナのことを君に話すべきだった。」

-I should've asked you. 「私が尋ねればよかったのよ。」

-Well....I shouldn't have lied about tonight. 「僕が今夜のことをうそをつかなければよかったんだ。」

-And I shouldn't have run out on you. 「私も逃げて帰られければよかったのよ。」

-Look, we are gonna be friends again?  「ねぇ。私たちまた友だちになれるワヨネ?」

 

ゴシップガール1-6話より。ダンとバネッサのセリフ。今夜の出来事を二人で反省して仲直りする場面。

 

 

 

 

-I'm so stupid.  I should have just told you.  And I didn't.  And now he's gone.  「私はとてもバカだったのヨ。ママに言えばよかった。だけど、言ってなかったから、もう、彼は他の娘に行っちゃったよ。」

 

レーンが母親に韓国人の男友だちのことを話せないでいるうちに、彼は別の娘を卒業式のパーティーに誘ってしまいました。これはレーンの後悔のセリフです。ギルモアガールズ2-13話より 

-You had the harder job.  I couldn't do it.  So, thanks.  I should have said that before.  Thank you. 「おまえの方が大変な仕事だよ。僕にはできないことだよ。だから、ありがとう。もっと前に言うべきだった。ありがとう。」


ハンクが弟のエバンに感謝の気持ちを伝える場面。この一言で過去から今までのもやもやが一掃されるセリフです。「アイシュドハブセドザット、ビフォー」。さあ、関係を修復したい人にさっそく使ってみましょう! ロイヤル・ペインズ~救命医ハンク~2-5話より。

-We should talk. 「僕たちは話しあうべきだ。」

-We can talk later. .....  What happened happened.  And it never should have happened at all.  I'm sorry.  「あとで話せるワ。… 起こってしまったことはしょうがないワ。だけど、それは決して起こってはいけないことだったのよ。残念だけど。」


「イト、ネバーシュドハブハプンド、アトオール」「決して起こってはいけないことをしてしまった、すべきじゃなかった。」は、とっても、とっても、後悔しているセリフです。しかし、アダムと今後、このような関係を続けていくことはできないので、断腸の思いでしょうが、こう言って分かれるしかありません。ロイヤル・ペインズ~救命医ハンク~2-13話より。

■簡単な単語で話そう

 あいづちのバラエティは英会話の入り口

 現在と過去と未来と

 その方向に向かっている「進行形」

 過去から現在に至る時間~完了形

 How are you? 「げんき~?」と聞かれて

   自己紹介

 断るとき

   誘うとき、誘われるとき

 or something 「~か何か」は忘れたときの救世主

 that...「ザット…」ばっかり!

 thing(s)「ほら、あれあれ!」

 love or like 「愛している」のか「好き」なのか

 wouldとか could とか should など

   should've 「シュドゥブ」

   might

 「怒る」upset か angry か

 「やさしい」sweet か kind か

 wonder をつかって頼みごと

   Do you find....? の勘違い

 embarrass 「エンバラス」「はずかしい」

   actually.. 「実は~」「現に~」

   ever と never

 そのものズバリを言わない

   weird ウィアード 「変だね」

 So do you. 「あなたもそうです」

 fool, stupid など

 お金の問題、貸す、借りるなど

 though ゾー

 yes と no -日本語との違い

   ユーモアのセンス-人を笑わせる

 あまり話したくないとき

 ほめる

   印象的な話し方

 カタコト英語

 天気の話し

   I don't know.

 kind of - あいまいに言う

 in ten minutes 10分後に 

 複数形の s

 生理現象

 自分から発するとっかかりの言葉

 .... or not 「オアノット」  

 敬語-丁寧に話す

   You don't mind....の答え

   ... for good? フォーグッド?

     let's, let, レッツ、レット

    a little アリトル「ちょっと」

   分かれるとき