That... 「ザット…」ばっかり!

日本語には、あれ、それ、これ、とあり、使用頻度はみんな同じくらいだと思いますが、英語の that 「ザット」は this 「ジス」より使用頻度が多く、it 「イット」より特殊な目立つような使いかたで出てくる印象があります。

 

すべてが英語の生活になれていないころは、なんだか、この that, this, it の三種類のうちでthat 「ザット」ばかりが多く聞こえました。

 

なぜそうなのか、理屈はわからないのですが、とにかくまわりで that...「ザット…」というような言葉ばかりが印象的に聞こえてくるので、とりあえず、みんなのまねをして使うようにしました。

 

That's it! 「ザッツイット!」「その通り!」

 

That's the one. 「ザッツザワン」「それ、それ!」直訳では「それが前に言ってたものです」、誰かが自分の言いたかったことを言ってくれたときなどに使います。

 

That's nice. 「ザッツナイス」とか That's good! 「ザッツグード」など、どちらも「いいですね」という言い方です。  

 

That's what she told me. 「そう彼女は言ってたけど…」、直訳では、「それが彼女が私に言ったことです。」

 

Wow, that's... that's... interesting. 「おっと、こ、こ、これはおもしろい(髪型)だね。」ハンナ・モンタナ シーズン1 7話より、ジャクソンが美容師の勉強をしているニーナに出来上がった髪型に反応したセリフ。

関連ページ: 海外TVドラマで英語学習 > ハンナ・モンタナ       

■おすすめレベル: 中級に近い初級か中級、英検準2級程度~

■セリフの速さ(話すスピード): 普通

■セリフのおもしろさ: 普通

■セリフの簡単さ(簡単な単語を使っているか): 普通

■セリフの鮮明さ(何を言ってるかわかりやすいか): 普通

 

 

 

■That'll do.  「ザルドゥー」「それで充分です」 

That'll do. 「ザルドゥー」は、「ザット」から始まる短いいいまわしですが、人々がよく使っているのを聞いて、最初はなんのことかあまりよくわからなかったのですが、そのうち人から「ザルドゥー」と言われる場面に何度も遭遇するうち意味を実地で理解できるようになりました。直訳では、「それは、間に合うでしょう」、「それは、役に立つでしょう」という意味ですが、あらゆるところで聞きます。たとえば、受け取りの署名を頼まれて、ちょっと汚く書きすぎたかしら?みたいに思っていると、 That'll do.  「ザルドゥー」、「それでいいわよ」「充分よ」「大丈夫よ」「もういいわヨ」みたいな感じで、言ってくれます。たとえば、友だちが自分のいえに遊びに来たとします。料理を二人でつくっているときに、道具を探している友だちに自分の出したものに対して、That'll do. 「ザルドゥー」「それでたりる、それで充分、それでいいわヨ」というようなニュアンスです。 

 

 

 

-All right, Mr. Ecoles.  Thank you.  We've seen quite enough.  「エコールズ君、もういいよ。ありがとう。充分見せてもらったよ。」

-I'm not screwing around, Sir.  As about income stream..... 「教授、僕はふざけてるんじゃないんです。今度は、どうやって利益をあげるのかの説明…」

-That'll do.  You can sit down now!  「もう充分だ。すわりたまえ!  」

 

ベロニカ・マーズ3-17話より。経済学の授業でローガンの「私のお尻を採点してドットネット」のプレゼンを途中でやめさせる教授の「ザルドゥー」。    

 

 

 

 

場合によっては、that 「ザット」を this 「ジス」にして、This will do. 「ジス、ウイル、ドウ」にして使える場面も多々あります。

 

-As a matter of fact, I would like to bestow upon you the honor of "the Genovian order of the Rose".  「事実、その証拠に、お二人にジェノビアン国のローズ勲章を授けたいと思います。」 Wouldn't you please kneel.  「どうぞ、ここにひざまずいてください。」 Does anybody has a saber? 「どなたか、サーベルをお持ちではありませんか。」

-I have an anbrela! 「傘だったらありますが…。」

-I have an emergency break!  「サイドブレーキがあるワヨ!  」

-This will do fine, thank you!  「ジス、ウィル、ドウ、ファイン! 」「これでいいワ!  ありがとう。」

 

「プリティプリンセス」より、女王が勲章授与のためサイドブレーキをサーベルとして代用する場面。 

 

関連ページ : ドラマで英会話-実践編 映画 > プリティープリンセス

 

 

 

■簡単な単語で話そう

 あいづちのバラエティは英会話の入り口

 現在と過去と未来と

 その方向に向かっている「進行形」

 過去から現在に至る時間~完了形

 How are you? 「げんき~?」と聞かれて

   自己紹介

 断るとき

   誘うとき、誘われるとき

 or something 「~か何か」は忘れたときの救世主

 that...「ザット…」ばっかり!

 thing(s)「ほら、あれあれ!」

 love or like 「愛している」のか「好き」なのか

 wouldとか could とか should など

   should've 「シュドゥブ」

   might

 「怒る」upset か angry か

 「やさしい」sweet か kind か

 wonder をつかって頼みごと

   Do you find....? の勘違い

 embarrass 「エンバラス」「はずかしい」

   actually.. 「実は~」「現に~」

   ever と never

 そのものズバリを言わない

   weird ウィアード 「変だね」

 So do you. 「あなたもそうです」

 fool, stupid など

 お金の問題、貸す、借りるなど

 though ゾー

 yes と no -日本語との違い

   ユーモアのセンス-人を笑わせる

 あまり話したくないとき

 ほめる

   印象的な話し方

 カタコト英語

 天気の話し

   I don't know.

 kind of - あいまいに言う

 in ten minutes 10分後に 

 複数形の s

 生理現象

 自分から発するとっかかりの言葉

 .... or not 「オアノット」  

 敬語-丁寧に話す

   You don't mind....の答え

   ... for good? フォーグッド?

     let's, let, レッツ、レット

    a little アリトル「ちょっと」

   分かれるとき