yes 「イエス」と no 「ノー」-日本語との違い

英語の受け答えの yes 「イエス」と no 「ノー」は微妙に日本語の「はい」と「いいえ」と違っています。英会話に慣れるまでは、日本語に一旦訳してから返事をしたりする場合もあり、「イエス」と「ノー」が頭の中でごちゃごちゃになってしまう危険性が多くあります。日本語に訳さないで、英語のまま理解できるようになると「イエス」「ノー」の受け答えも、どちらかいちいち考えなくとも瞬時に言えるようになり、言葉を発する前に一瞬悩んで会話のテンポをみだしたり、自分は無言のまま会話が進んでしまうことは確実に減ります。

 

基本的には、物事を否定する場合は「ノー」で、肯定する場合は「イエス」ですが、会話中に理屈を考えている時間はないので何度もそのような会話に遭遇してテンポよく「イエス」「ノー」を言えるように慣れるしか方法はありません。

 

 

■肯定形で聞かれた場合、否定形で聞かれた場合

①肯定形で聞かれた場合

-Do you know that? 「そのこと、知ってるの?」

-Yes, (I do.) 「はい、知ってます。」

-Do you know that? 「そのこと、知ってるの?」

-No, (I don't.) 「いいえ、知りません。」

 

②否定形で聞かれた場合

-Didn't you know that? 「それ、知らなかったんですか?」

-No, (I didn't.) 「はい、知りませんでした。」

-Didn't you know that? 「それ、知らなかったんですか?」

-Yes, (I did.) 「いいえ、知っていました。」

 

①の肯定形のときは日本語に直したとしても「イエス」「ノー」を答えるのに頭の中は混乱しないと思いますが、②のように否定形で聞かれたときは日本語に訳してから答えると逆のことを言ってしまう可能性もあります。  

 

 

■否定形で聞かれたときに注意

-Didn't you just invite me? 「今、僕を誘わなかった?」

-No. 「えぇ、誘ってないけど。」

-You told me to have all I wanted.  That sounded invitation-like. 「好きなだけ取っていいよって言ったでしょ。それが、なんだか誘ってる感じだったから…。」

 

ギルモア・ガールズ2-16話より

 

このセリフを例にとると、日本語ですと、「僕を誘わなかった?」と聞かれたら、「はい、誘っていません。」でも、「いいえ、誘っていません。」でも誘ってないことになりますが、英語ですと、「ノー」は誘っていない、「イエス」は誘ったということになってしまいます。

 

-It's too big. 「ここは広すぎるよ。」

-It's not too big.  Next! 「広すぎないワ。次!」

-I don't need two bathrooms. 「バスルームが二つも必要ないよ。」

-Yes, you do.  Next! 「いいえ、必要よ。次は?」

-I like being on the bottom floor. 「一階のほうが好きだナ。」

-Top floor's quieter.  「最上階のほうが静かよ。」

これはルークが自分の考えを言っているだけでローレライに尋ねているわけではありませんが、ローレライは「イエス」で二個のバスルームが必要だと肯定しています。 もし、ここで、No, you don't.  とローレライが答えたとすると、「そうよね、あなたの言うとおりバスルームは二個も必要ないわよね。」と言うことになるでしょう。

 

ギルモア・ガールズ2-15話より 

■簡単な単語で話そう

 あいづちのバラエティは英会話の入り口

 現在と過去と未来と

 その方向に向かっている「進行形」

 過去から現在に至る時間~完了形

 How are you? 「げんき~?」と聞かれて

   自己紹介

 断るとき

   誘うとき、誘われるとき

 or something 「~か何か」は忘れたときの救世主

 that...「ザット…」ばっかり!

 thing(s)「ほら、あれあれ!」

 love or like 「愛している」のか「好き」なのか

 wouldとか could とか should など

   should've 「シュドゥブ」

   might

 「怒る」upset か angry か

 「やさしい」sweet か kind か

 wonder をつかって頼みごと

   Do you find....? の勘違い

 embarrass 「エンバラス」「はずかしい」

   actually.. 「実は~」「現に~」

   ever と never

 そのものズバリを言わない

   weird ウィアード 「変だね」

 So do you. 「あなたもそうです」

 fool, stupid など

 お金の問題、貸す、借りるなど

 though ゾー

 yes と no -日本語との違い

   ユーモアのセンス-人を笑わせる

 あまり話したくないとき

 ほめる

   印象的な話し方

 カタコト英語

 天気の話し

   I don't know.

 kind of - あいまいに言う

 in ten minutes 10分後に 

 複数形の s

 生理現象

 自分から発するとっかかりの言葉

 .... or not 「オアノット」  

 敬語-丁寧に話す

   You don't mind....の答え

   ... for good? フォーグッド?

     let's, let, レッツ、レット

    a little アリトル「ちょっと」

   分かれるとき